So-net無料ブログ作成

VMware Playerのブリッジ接続以外の設定 [How to]

VMware Playerのブリッジ接続以外の設定。

VMware Network Adapter VMnet1: ホストオンリー接続
VMware Network Adapter VMnet8: NAT接続

LANセグメントは仮想スイッチに接続する。
同じ仮想スイッチに接続したものだけが通信できる。

[コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]で以下のサービスの設定が出来る。

VMware DHCP Service: VMware NetworkでDHCP機能を提供する。
VMware NAT Service: VMware Network Adapter VMnet8でNAT機能を提供する。
両方とも自動で開始になっている。
ホストオンリー接続でDHCPサーバーを立てる実験を行いたい場合等にはVMware DHCP Serviceを停止させる。

いつの間にかLANセグメントが選択出来る様になっている。

あとスナップショットが使用できるとかなりありがたいのだがWorkstationからでPlayerでは使用できない。
これに関してはVirtual boxの方が優れている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。