So-net無料ブログ作成

fedora 14 64bit (x86_64)にAndroidアプリ開発環境を構築するその1 [code]

世界を目指せ!Androidアプリ開発入門 第2回 Androidアプリ開発のための環境構築」を参考にしている。
内容はほとんど同じ。fedoraの64bit上に構築する部分が違うくらい。

fedoraの64bit環境だとエミュレーターの起動時に下記のエラーが出てエミュレーターが起動しなかった。
SDL init failure, reason is: No available video device
この問題は「日々平穏 煙にいぶされない日々を Fedora 14(64bit) に Android 2.3.3の開発環境を構築」を参考に解決した。
(libXext.i686をインストールする)

Ubuntu 64bitでの構築方法は「Ubuntu desktop 10.10 64bitにAndroidアプリ開発環境を構築するその1」に記述してある。

Eclipseをインストールする必要がある。Eclipseのインストールは「fedora 14 64bitにEclipseをインストールする」に記述してある。

Android SDKをインストールする必要がある。「Android developers Installing the SDK」にインストール方法やシステム要件が記述されている。

コマンドラインの操作でsudoを使用している。sudoの設定は「sudoを設定する」に記述してある。

32bitアプリケーションを動かすライブラリが必要になる。インストールする。
32bit版のパッケージをインストールするにはArchをi686に指定する。

$ sudo yum install libstdc++.i686 ncurses-libs.i686 libXext.i686 zlib-devel.i686

(初出時はzlib-devel.i686を含めていなかった。)
JDKはjava-1.6.0-openjdkがインストールされているのでこれを使用する。

Android SDKをインストールする。
Download the Android SDK」から32bit linux用のパッケージをダウンロードする。
wgetをインストールしてあればwgetを使用できる。
wgetを使用せずにブラウザからダウンロードしても良い
wgetのインストール。
$ sudo yum install wget

Android SDKのインストール。
$ wget http://dl.google.com/android/android-sdk_r10-linux_x86.tgz
正常にダウンロードしたか確認する。
android-sdk_r10-linux_x86.tgzのMD5SUMの値はc022dda3a56c8a67698e6a39b0b1a4e0だ。
(SDKのバージョンが違えばMD5SUMの値も変わる。)
$ md5sum android-sdk_r10-linux_x86.tgz | grep c022dda3a56c8a67698e6a39b0b1a4e0

c022dda3a56c8a67698e6a39b0b1a4e0 android-sdk_r10-linux_x86.tgz

/opt以下に展開することにする。
$ sudo tar zxf android-sdk_r10-linux_x86.tgz -C /opt
このディレクトリに一般ユーザーの権限で書き込める必要がある。
所有権を変更するかパーミッションを変更する必要がある。
パーミッションを変更する。
$ sudo chmod -R a+w /opt/android-sdk-linux_x86
(一般ユーザーに書込み権を与えるよりもAndroidの開発グループを作成し所有権をそのグループに与えユーザーにそのグループを追加した方が良いが、説明が簡単なので一般ユーザーに書込み権を与えている。)

実行パスを通す。
$ nano ~/.bashrc
nanoを使用しているがviでもgeditでもemacsでももちろん構わない
いちばん後ろに以下の内容を追加する。
if [ -z "`env | env | grep -E 'PATH=.*:/opt/android-sdk-linux_x86/tools.*'`" ]; then
        PATH=$PATH:/opt/android-sdk-linux_x86/tools
fi
実行パスは一旦ログアウトして再ログインしなければ有効にならない。

Eclipseを起動してAndroid Development Tools(ADT)プラグインをインストールする。Eclipseのワークスペースを開いたところ
[ヘルプ]-[新規ソフトウェアのインストール]を選択する。
プラグインのインストール画面
プラグインのインストールウインドウが開く。
[有効なソフトウェア・サイト]をクリックする。
有効なソフトウエア・サイト設定画面
[http://download.eclipse.org/releases/helios]にチェックを入れる。
[OK]をクリックする。
これを行わないと次のADT Pluginのインストールで”org.eclipse.wst.sse.core 0.0.0”が必要だが見つからないといわれエラーになる。
プラグインのインストールウインドウで[追加]をクリックする。
サイトの追加画面 名前と場所を入力すためのエディットボックスがある
名前に「ADT Plugin」と入力する。
場所に「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」と入力する。
[OK]をクリックする。
プラグインインストール画面 保留中
しばらく待つ。
プラグインインストール画面 Developer tools
[Developer tools]にチェックを入れる。[次へ]をクリック。
プラグインインストール画面 詳細
[次へ]をクリック。
プラグインインストール画面 ライセンス表示
ライセンスが表示される。
[I accept the terms the license agreements]を選択する。
[終了]をクリック。
プラグインのダウンロード中画面
ダウンロード中。何もしなくて良い。
セキュリティ警告画面
セキュリティ警告。
インストールを続けるか聞いてくる。
[OK]をクリック。
ソフトウェア更新画面
[Restart Now]をクリックする。再起動する。
ワークスペースの画面 メニューからウィンドウ-設定を選択する
[ウィンドウ]-[設定]を選択する。
設定画面 左ペインでAndroidを選択
[Android]をクリック。Android SDKダイアログが表示される。
googleに情報を送信するかと聞いている。この時点では何もしない。
[SDK Location]にAndroid SDKのパスを指定する。/opt/android-sdk-linux_x86になる。
[OK]をクリック。
Android SDKダイアログ
googleに情報を送信しないならチェックを外す。
[Proceed]をクリック。
警告画面
[OK]をクリック。

fedora 14 64bit (x86_64)にAndroidアプリ開発環境を構築するその2」に続く。

関連リンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。